スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事な戦力が・・。

2009-11-17 | 11:45

姑の入院も4週間近くになろうとしています。

相変わらず、食事はトマトと御素麺、それにお豆腐というとてもエコなお食事しかせず・・。

でも、明らかに元気になっている事があります。

それは、嫁である私に対する態度。
あからさまに以前の態度に戻っています。

一時帰宅した時も、「パンツ(おむつ)着替えましょうか?」といった私の声
確かに聞こえているはずなんですが~~~。

し・か・と!!!

一時間ほど同じこと繰り返しオウムの様に言う私。

結局お返事は無く、主人が言ってやっと着替えました。

食事を出したら今度は、「何や!これだけ?」って。

一時帰宅でどんだけ御馳走が出ると思ってんだか??


私の存在を消す態度は、入院前と同じです。

毎日、片道一時間かけてバス乗り継いで行っても、昨日は「なんや!あんたか!」と言われ。

気力も体力も萎えてしまいます。。。

誰が姑の顔見たくて看病に行くもんか!
主人一人に負担かけられないからいくんであって!

そんな中、毎日昼夜来てくれていた、兄嫁の実家のお母さんが救急車で入院。
遠距離で一人暮らし。二日間誰にも発見されず、新聞がたまっているのをご近所の方がおかしく思い、そこで発見されたとか。

クモ膜下出血だったそうで、幸い一命は取り留め少しづつ回復されているそうです。
でも、ひとり暮らしゆえお姉さんが付いて看病されていて、こちらの方まで手が回らない状況に。

優しいお姉さんで、しきりに姑を押しつけてしまってごめんなさいと。。

そんなこと。。。。退院後の生活も心配だろうし、この先姑より大変かもしれません。

悪い事は重なるものです。

で、姑の付き添いは私たち夫婦と主人の兄でやっている日々です。

皆なに大変な思いをさせているのに、わがままばかりで悪態付いて。

病室で二人で居ても、ずっと目をつむって黙りこくったまま。
話せないんじゃないのです、小姑である娘が来た時には驚くほど話してましたから。
ちゃ~んと目の前に居る人間を分かっているのです。

それでも、嫁は看病に行かなければなりません。

心がポキッと折れそうな気がします・・・。






スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009-11-17 | 18:38 |
  • :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。