スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姑さま。。入居から二カ月経ちました。

2010-05-13 | 10:57



三月の初めに「有料老人ホーム」に入居した姑さま。

たった二か月だけど、色々ありました。

入居後すぐに、心臓に水が溜まり心不全になりかけたり・・。

職員さんへの暴言、暴力、介護拒否と入居しても、心配事は絶えませんでした。

でも、一旦入所させた以上は職員さんに任せるしかありません。



話し合いながら、相談しながら。。そんな感じで二カ月過ぎました。




あの、気難しい姑さまの面倒を見て下さっている職員さんには、感謝!感謝!の日々です。


最近は、少し食欲も出て落ち着いている様ですが、あの気が強かった姑がすっかり涙もろくなっているのには驚きです。

「家に帰りたい!」と面会に行くたびに泣きます。


でも、よ~~~く話を聞いてみると、今まで生活していた家ではなく。。田舎の家!


鹿児島出身の姑の家は、そこらしいのです。


今でもその家はある!といいはり。。


一番元気だったころに生活していたところが、帰りたい場所なんでしょうね~。


鹿児島に連れて帰る事も出来ず。。。
少し可愛そうな気もしますが。。仕方ないですね~。


出来る限り面会に行って、話し相手になることくらいしか出来ないけど。。


姑とは色々あったけど、許せない事も沢山あるけど。

小さくなって行く姑を見てるとそう思います。



そう言えば、帰るときに 「いつもありがとう!00ちゃん!」と言ってくれました。




これも・・・少し距離を置いたお陰かな??




そう思います。



















スポンサーサイト

Comment

No title

お話しを聞かせていただいていると、うちに入所されている利用者さんと重なります。
大丈夫^^どんなに気難しい利用者さんでも必ず慣れてくださいます。
暴言も暴力もありますが・・・・そんな方と接する時こそ介護士にとっての腕の見せ所と言うか・・・その方に寄り添う介護をしていく事で本当に穏やかになられるのもこの仕事のやり甲斐を感じる時です。
家族にとってはうれしさもあり、せつなさも感じられるのは、私も祖母が特養でお世話になったのでよくわかりますよ。
距離が出来た事でお姑さんの中にあった感謝の気持ちが言葉になって出て来て良かったですね。

  • 2010-05-13 | 11:39 |
  • 南天 URL :
  • edit
南天さんへ。

いつも心温まるコメントありがとう!
南天さんの言葉はいつも、実際に介護に関わる方の
生の声として、本当に参考になります。

家に居る時は私に当たり散らしていた姑ですが
本当に小さくなってしまって。。。

これからは、お互いに穏やかに接することが
出来れば嬉しく思います。

また、相談に乗って下さいね。(*^^)v

  • 2010-05-14 | 08:47 |
  • いのりん URL :
  • edit

人は「ありがとう」が心から言えるようになるとこの世に未練がなくなると言われたことがあります。
小さくなって、ご実家に帰りたいと言われると切ない限りですが、暴言吐かれたことも多々ありましたよね…。
きっと今は、いのりんさんが感謝されるべき時なんじゃなって思います。
ですから、ご自分を責めないでくださいね。

何事に対してもそうだと思いますが、物事を「完璧」にこなすことはとても難しい。
今できる精一杯の気持ちが、姑様には伝わってるんじゃないでしょうか。

  • 2010-05-14 | 22:15 |
  • うららーく URL :
  • edit
うららーくさんへ。

いつもありがとう~。(*^^)v
そうね~私もそういう話を聞いたことがあります。
後、何年姑と付き合うことが出来るのか?
随分な行動にブチ切れた事もあったけど
残りの姑の人生は少しでも、穏やかに!と思っています。

こうやって励まして下さるお友達が居ることも
私の頑張る力となっています。
ネットやってて良かったな~と思う瞬間です。

  • 2010-05-15 | 09:11 |
  • いのりん URL :
  • edit
No title

お姑さんと離れたことは良かったと思います。
他人のほうが世話をしやすいと常々思っておりますから。
実家の母も最近では同じことを何度も何度も言うようになり、不安になることあります。
いのりんさんは、子育てとご自分の体をいたわることが大事ではないでしょうか。
誰も皆、自分の家で最後を迎えたいと思うものなんでしょうか。
でもお姑さんの心の家はいのりんさんのお宅ではないのですねぇ。


  • 2010-05-16 | 20:36 |
  • 宮福 URL :
  • edit
宮福さんへ。

お久しぶりですねぇ(^O^)
いつも、暖かいコメントありがとうございます。

先日訪問した時も、「帰りたい!」と泣かれました。
やはり、姑さまの「家」って言うのは育った鹿児島でした。
実家の父も、亡くなる数年前から田舎に帰りたい!と
言っていました。自分の家に居ながら・・・そこは父に
とっては、「家」ではなかったんでしょうね~。

故郷って、大きいんだな~って改めて思います。

  • 2010-05-18 | 08:59 |
  • いのりん URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。