FC2ブログ

昨日ご帰還です。

2009-11-30 | 14:23

緊急入院からひと月少し。

食事が進まないまま、昨日帰ってきました。

看護士さんにご機嫌にあいさつし!

家に帰るや否や、いつものおこもり状態に。

話せないんじゃないんです。私たち家族とは話したくないんでしょうね~。

今日も朝から、話しかけても知らん顔。

自分の部屋に引きこもりです。

ま~~勝手に出て行って、徘徊されるよりましか!と自分に言い聞かせ。
気にしないようにしてます。




姑の退院が決まった直後、二男がインフルエンザに!
新型です。
今頃???

どこで感染したのか~??

クラスで一人休んでいるだけだそうで~。

でも、幸い軽くすんで二日ほど高熱が出ただけで済みました。
親孝行な子です。(^-^)


一時は、姑の退院を延ばしていただくよう主治医の先生ともお話をしましたが、どうやら大丈夫だったようです。


でもちょっと気になることが。。。

退院のお知らせをケアマネに電話したのですが、「そうですか!」の一言。
そんなもんなのですかね~。
あんまりにも、事務的な対応で少々不信感が芽生え。

もともと、事務的なおとなしめの人だったのですが。。

この先あんまり頼りにはならないな~!なんて少しマイナス思考に。



ま、この一週間は様子をみて、来週あたりにはデイに行ってもらわないと

引きこもってばかりでも、ますます認知症が進むので。。。それに私のストレスも。。

兄夫婦とも話し合い、どうしても私たち夫婦が限界ならその時は
施設にということで話し合いました。

そう話したことで、私の気分も少し楽になり。。単純なものですね~。

でも、どこかに逃げ場所があるというのは、とっても楽なものです。


今回、二回しか(それもこ一時間来ただけ!)来なかった小姑さまには
もちろん相談なんてしていませんが・・・。











スポンサーサイト



姑。。。御帰還です。

2009-11-24 | 13:23

色々、姑の入院に際し励ましのコメントありがとうございます。(^-^)


ひと月少しの入院生活を終え、姑が帰ってきます。

先日主治医からお話がありました。

入院中、食事をあまりとらないということで、様子を見てきましたが
色々な数値に異常はなく、心配していた「クレアチニン」の値も正常値でないものの
3.9→2.1まで下がってきて、自宅療養で十分だという判断になりました。
これからは、かかりつけ医の先生とお話ししながらの生活でいけるでしょう!とのこと。

ここで、私が無理にでも施設や老健などを紹介してください!と言えば紹介してくれそうだったのですが・・・。

自宅に戻し、様子をみてどうしても無理だと判断してからでも大丈夫かと!(楽天的かもしれませんが。。)

周辺の特養は、500人から600人待ちだそうで、しかも重症の方からの入居になると聞きました。

そうですね~仕方のないことです。

うちの実家の父は長年寝たきりで、年老いた母が介護していました。
そういう事情の方々を優先なんでしょう。
わかります。

なので、姑の場合は年金で払える範囲の「有料老人ホーム」をあたってみようかと思っています。

ケアマネさんとその辺はよく相談してみます。


で・・・・一時帰宅した姑の話。

[姑。。。御帰還です。]...Read more

大事な戦力が・・。

2009-11-17 | 11:45

姑の入院も4週間近くになろうとしています。

相変わらず、食事はトマトと御素麺、それにお豆腐というとてもエコなお食事しかせず・・。

でも、明らかに元気になっている事があります。

それは、嫁である私に対する態度。
あからさまに以前の態度に戻っています。

一時帰宅した時も、「パンツ(おむつ)着替えましょうか?」といった私の声
確かに聞こえているはずなんですが~~~。

し・か・と!!!

一時間ほど同じこと繰り返しオウムの様に言う私。

結局お返事は無く、主人が言ってやっと着替えました。

食事を出したら今度は、「何や!これだけ?」って。

一時帰宅でどんだけ御馳走が出ると思ってんだか??


私の存在を消す態度は、入院前と同じです。

毎日、片道一時間かけてバス乗り継いで行っても、昨日は「なんや!あんたか!」と言われ。

気力も体力も萎えてしまいます。。。

誰が姑の顔見たくて看病に行くもんか!
主人一人に負担かけられないからいくんであって!

そんな中、毎日昼夜来てくれていた、兄嫁の実家のお母さんが救急車で入院。
遠距離で一人暮らし。二日間誰にも発見されず、新聞がたまっているのをご近所の方がおかしく思い、そこで発見されたとか。

クモ膜下出血だったそうで、幸い一命は取り留め少しづつ回復されているそうです。
でも、ひとり暮らしゆえお姉さんが付いて看病されていて、こちらの方まで手が回らない状況に。

優しいお姉さんで、しきりに姑を押しつけてしまってごめんなさいと。。

そんなこと。。。。退院後の生活も心配だろうし、この先姑より大変かもしれません。

悪い事は重なるものです。

で、姑の付き添いは私たち夫婦と主人の兄でやっている日々です。

皆なに大変な思いをさせているのに、わがままばかりで悪態付いて。

病室で二人で居ても、ずっと目をつむって黙りこくったまま。
話せないんじゃないのです、小姑である娘が来た時には驚くほど話してましたから。
ちゃ~んと目の前に居る人間を分かっているのです。

それでも、嫁は看病に行かなければなりません。

心がポキッと折れそうな気がします・・・。






姑の入院生活

2009-11-11 | 11:30

先週金曜日に、主治医から今後の方針についてのお話がありました。
兄嫁と、私たち夫婦と三人でお話を聞くことに。

腎臓って一度悪くすると完治はしないそうで、今の状態では透析まではいかないそうですが
今後クレアチニンの値が上がっていくようであれば、その時は透析って言う事も考えないといけないそうです。
でも、姑の年齢(80歳)やペースメーカーを入れるほど心臓の状態も良くないことを考えると、透析もお勧めできないとのことでした。

あちこち慢性の病気があり、腎不全を起こすとそこから心不全、果ては多臓器不全という事になるそうで。。。

とりあえず、いまの食事量が悪すぎるので、一度環境を変えてみましょうと言う事で、一日外泊許可が出ました。

でも、家に帰って来たって、食が進むわけがありません。

入院中のいま、あの人が食べているものと言えば

   お豆腐 
   トマト   三切れ
   フルーツ少し

こんなもんなんです。

家でも、これにおうどんが少し増えたくらいで、一日何を話しかけても終始目をつむり
うつむいているだけ。

内科的に大丈夫になったとしても、これでは認知症の方が進んできます。


先生は、療養型の病院も考えるつもりですが、今はまだ早い様な気がします。って
言われたけど、家に帰ってきても回復するとは到底思えません。

第一、家族の言う事に全く耳を貸さない人に、どうやって療養させろというのでしょうか??

私には自信がない。

少し聞く耳があればまだ何とかなりますが・・・。


病院ではもうやることがないので、退院してくれと言われたらどうすればいいのか?

そのことを考えると、とても不安で憂鬱です。